ピロリ菌除菌薬の副作用で痒みが大変でした

福岡県在住の30代 女性です。ピロリ菌の検査は、自分の父親がピロリ菌を持っていたので、いずれは受けないといけないな、と思っていました。

2012年頃だったと思いますが、体調不良で近所の内科・消化器科に行来ました。そのときに先生にピロリ菌の相談をしたところ、検査を次来た時にしようという事になりました。

後日、ピロリ菌の検査に行きました。検査は血液検査だったと思います。1週間後に検査結果が出ました。結果は、ピロリ菌陽性。除去する為に抗生物質のサワシリンとクラリスロマイシンという薬が出されました。まず抗生物質のサワシリンを1週間飲み続けて、その後にクラリスロマイシンを1ケ月飲む事になりました。費用はその当時母親に払ってもらったので、正確には覚えてはいませんが、血液検査とお薬代で1万円位だったと思います。

それから抗生物質を飲み始めて、3、4日後に異変に気付きました。手に赤い小さな斑点がプツプツ出来ていたのです。初めは血豆か何かかな、と思いあまり気にはしていませんでした。すると、次の日の朝にはその発疹ががどんどんと身体全体に広がり、大きくなっていました。両親もそれを見て、かなり驚いていました。その当時、私は働いており、急に休む事は出来なかったので、会社に行きました。すると、会社に行ってもどんどん酷くなり、痒みも酷くなりました。耳の中や足の裏まで真っ赤になっていて、全身が地図状になっていました。衣服が擦れるだけで痒くて堪らず、仕事に集中出来なかったです。スタッフも上司もその姿を見て、驚いていました。接客業だった為、あまりに酷く、それではお客さんも驚くので、お客さんの前には出れないから、帰りなさいと上司に言われしまいました。

そこから両親に迎えに来てもらい、皮膚科に行きました。私が仕事の間に、ピロリ菌除去の薬をもらったクリニックに母親が電話してくれており、直ぐに薬を止める様に言われました。そこのクリニックへは行かず、皮膚の痒みが酷かったので、皮膚科へ行きました。そこで、ステロイド注射を打ってもらいました。

それから2日間は会社も休み、ずっと痒みとの戦いでした。お風呂も入れませんでした。衣服が擦れるだけで痒みが増すので、なるべく動かない様にじっとしていました。赤みがひくのか凄く不安で、全身が真っ赤な自分を鏡で見て、何度もショックを受け、塞ぎ込んでいました。それからはステロイドをが効いてきて、少しずつですが、赤みがひいて、痒みも治って来ました。
本当に壮絶な体験でした。お薬は本当に怖いな、と思いました。しかし、飲む前から合う合わないは分かりません。飲んでみないと分かりません。なので、これから飲む方、初めて飲む薬であれば、少しでも身体に変化があれば直ぐに止めた方が良いです。私は赤みが出てからも、ピロリ菌除去は飲み忘れたら効果が出ない事もあり、ギリギリまで飲み続けてしまい、大変な事になりました。また、お薬手帳にもらった薬をはきちんと貼っていって下さい。それで無ければ、飲んだ事がある薬かも覚えていられないでしょうし、私の様に薬疹が出てしまった薬は、二度と飲まない様にしなくてはなりません。

スポンサーリンク