大砂走りは最高!

「明日、富士山登るか。」

高校時代からの友人と一緒に夕飯を食べている時にふと告げられ、2回目の富士登山が決まりました。なにしろ友人宅は富士宮の富士登山道の近くに住んでいて、5合目までは車で30分といったところに住んでいるのでとにかく富士山が近いんです。ちょっとスーパーにでもいくような感じです。

1回目富士山に登ってから早2年。あの時はつらくてもう登りたくないやとか思ってたんですが、シーズンがくるとまた登りたいなーという気持ちになるのはどうしてでしょうか?またあの景色を見たくなるんです。

そうして始まった2回目の富士登山なんですが、突然だったので、もちろんなんにも用意がないです。夏真っ盛りの時期なのでお気楽な格好で遊びにきたものですから。ですので、装備類は友人に借りることに。

1回目は富士宮口から登ったんですが、履きなれた靴の方がいいとおもい、スニーカーで行ったところ、実はあまり良くないです。くるぶしまであるような靴がいいのでやはり登山靴が一番いいんです。でも、今回はないのでくるぶしまであるブーツを借りました。

服装は基本的には動きやすい格好で通気性がいいのがいいですね。上は涼しいですが汗もかきます。直射日光がすごいので案外上までTシャツ1枚でいけますが安全面なども考えると長袖の方がいいです。あとは替えのシャツと風を通さないナイロン生地の長袖など、帽子はキャップではなくハットの方が直射日光を遮ってくれます。靴下は熱いですが厚手の靴下がいいです。特に下るときなんですがつま先に力が入るので1回目の登山の時は破けちゃいました。

着衣はこのような感じでいいと思いますが持ち物が難しいんです。山の天気は変わりやすいのでレインウェアは必須ですね。簡単なものでいいと思います。前回トレッキングポール(杖)をもっていったのですが楽だとは思うのですが、ときに煩わしくなるというデメリットもあります。

装備も整い、いざ出発ということで目指すは御殿場口。初心者にはちょっと厳しいと言われるルートです。しかし御殿場口はマイカー規制がないのですんなり車を止めれちゃう訳なんですね。そんな訳で御殿場口から登り始めますが、延々と同じような景色で、くねくねくねくねずーーっと登るんです。ほんとひたすらただ登るんです。

このルートはもう2度と登らないと心に誓って登ってたんですが下りは最高でした。大砂走りと言うところがあってずっと下りの道で砂というか砂利というかそんな感じの道をひたすら下っていけるんですがスピードが出るわ出るわで登りの四分の一ぐらいの速さで帰れます。このルートにいくのでしたらフットスパッツ(登山用スパッツ)を持って言ったほうがいいです。相当石ころが入りますので。

ちなみに御殿場ルートは山小屋がぜんぜんないですので絶対に水分は大目にもっていきましょう。自分は2リットルもっていきましたがそれでも考えながら飲まないと終わってしまいます。あと軽い軽食はあったほうがいいですね。あまりがさばらないようなものでおにぎり、カロリーメイトやナッツとかもいいと思います。山小屋にいけばカップラーメンやカレーもありますが下界では考えられないような値段ですよ。

登りはあまりおすすめできないルートなんですが、大砂走りだけはとてもおもしろいので一回いってみる価値はあると思います。

それから何よりも寝不足などはもってのほかです。事前の体調管理はしっかり。安全を考えて登山に挑みましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする