バーベキュー | 締めに鯵のツミレ汁が喜ばれています

バーベキューの雰囲気は大好きだけど、定番の肉、野菜、やきそば、カレーばかりだと、料理にはちょっと辟易している方(特に女性)も多いのではないでしょうか。こんな時には、やっぱり日本人なのですから、ちょっと和のテイストを入れた一品をレパートリーに持っておくのがお勧めです。

そんな一品でお手軽なのが、アジのツミレ汁です。おしゃれな料理もまたかっこいいですが、どうしても肉や焼肉のたれなどで口の中がしつこくなってしまいがちなので、実はこうしたやさしい味のスープ系って男女を問わずバーベキューの締めにかなり喜ばれます。

このツミレ汁を勧めるのはアジならば安くどこでも手に入りやすい食材だからです。ですが、そればかりでなく、実は私は「釣って食べる」をモットーとしている自称釣り師なので、海辺近くのバーベキューの場合、食材調達先遣隊と称して当日の明け方位に付近に前乗りして竿を出していることも多々あるため、自然と私の定番になってきてしまっているからです。

作り方はいたって簡単です。まずは、アジのワタとゼイゴを取って3枚におろしたら皮を剥いで、粘りが出るくらいにひたすら叩いて、少々の片栗粉と刻んだネギとしょうがと大葉を合わせて(バリエーションで味噌を入れても可)ツミレ団子を作ります。そして、残ったアジの中骨を炭火で軽くあぶってお湯が沸いているダッチオーブンにぶっこんで出汁をさっととり、団子を入れ、酒、みりん少々と塩、しょうゆで味を調え最後にアサツキをぱっと散らして完成です。

作るにあたって気をつけなくてはならないことはあまりなく、小骨は神経質に取り除かなくても叩いているうちに気にならない程度になります。強いて言えば、団子はお湯が沸いている状態で入れてほしいこと。骨の出汁はあってもなくてもいいですが、あぶりすぎると焦げ臭くなるのでそこだけは気をつけて欲しいです。

わざわざ私のように釣った魚にこだわる必要は全くなく、スーパーで買ったアジでも、出来合いのツミレを買っても全然問題ありません。屋外だとなんでもおいしく感じます。

釣りの話を出したのは、釣ってきた戦果も自慢(心の中でですが)できますし、手際よく魚をおろして皮を剥ぐところを褒められたりすると自尊心がくすぐられまくります。ということを言いたかっただけなものなので。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする