台風一過の富士山は雲一つないのでオススメです

「なぜ山に登るのかそれはそこに山があるからだ。」

なんていいますが、やはり日本人に生まれたからには一度は登ってみたいと、そんな気持ちになったので富士山に登ってみようという事になりました。

私は静岡県の富士市在住なのでずっと富士山を見て育ちました。外に出れば富士山が見えるという環境だったので富士山が当たり前にあるのでよその県の方からしたら羨ましい人もいると思います。いつかは登りたいと思っていたんですがなかなか登る機会がなくてずっといたんですが、当時お付き合いをしていた女性から富士山に登ってみたいという提案をされ、富士登山の決意をしました。

決意をしてからは行動が早かったんですが、まずなにが心配かというと、体力面でどうなのか全然わからなくて、今の体力で大丈夫なのかと一番心配しました。

富士市からいくと富士宮口か一番近いので富士宮口から登ることにしました。しかし、調べるとけっこう富士宮口は混んでいて歩きにくいという事でどうしようか悩んでいたんですが、初心者には登りやすいとの事だったので富士宮口で決定しました。
富士宮口には夜の10時ぐらいについたのですが台風が去ったあとについたため、人がすごく少なくて駐車場もすぐ止める事が出来ました。台風が去ったあとだからでしょうか、すっごい空がキレイで澄み渡っているので遥か遠くまで見渡す事ができました。あの感動は今でも忘れることができません。疲れなんて吹っ飛びます。

夜に行く時はもちろん懐中電灯を持っていくんですが、やはり頭につけるタイプが一番いいですね。富士宮口はけっこう岩場が多いので両手が使えないと絶対危ないです。人もほんとに混んでるので登るのを待ってる状態もあります。

大体夜の11時ぐらいに5号目を出発し休み休みいって朝の5時頃には頂上まで着きました。人より休んでるぐらいかなという感じだったんですが案外速く着きました。

そこからご来光を待つのですがこの時が一番つらいです。なにしろ寒い。歩いてる時はまだいいのですが、止まって待ってるとほんとに寒いので通常登るときよりもう一枚持っていったほうがいいかと思われます。備えあれば憂いなしですね。

でも、頑張って待った甲斐がありました。ご来光はほんとにキレイで言葉を忘れるぐらいです。オススメです。

この初登山から富士山は3回登ったのですが、初登山が一番天候がよかったです。山登りは天候が一番大事なのでぜひ登る際は何日か予備日として予定入れといたほうがいいかもしれませんね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする