バーベキュー | 本場のアメリカ式を紹介します

アメリカに住んでいます。バーベキューの醍醐味はなんと言っても、明るい太陽のもとで気の合う仲間とワイワイ騒ぐことです!

うちでは夏から秋にかけて、主人の同僚が20~30人、私の友人が5~6人、息子の友達だと30人ほどがそれぞれ何度か集まって、裏庭のデッキやそこいら中に折りたたみ椅子を出して、ポットラック(持ち寄り)式のパーティをします。

私たちが提供するのはハンバーガー、ホットドッグ、ブラッツ、ステーキ、チキン、ポーク等の肉類と必需品の冷たいビールとプラスチックの皿やコップなどです。あとは各自で好みのスナック、ジュース、パン、サラダ、ワイン、ビールなどを持って集まるので、私たちホストもとっても気楽です。

チキンは醤油や味醂、しょうが、にんにくで漬け込んでおき、串刺しにしてグリルすると大ヒットです。ポークやビーフにはMrs.Dashか塩コショウをふりかけるだけでモテモテです。外で食べるなら何でもありと言うところでしょうか?!畑から野菜を摘んできて丸ごとグリルしたり、自家製のピクルスやサルサを振舞ったりもします。主人の同僚は家族連れで来るので、子供たちにはラズベリーやイチゴを摘ませたり、思いっきり外で遊ばせて、とても健康的なBBQパーティになっています。

ゴミは可燃物用とリサイクル用のコンテナを置いておくので、あとは処分するだけです。みんなでさんざん食べて飲んでおしゃべりした後は、余った食べ物は各自持ち帰ったり、欲しい人がすっかり持って帰るので何も残らず後片付けもとても簡単です。

息子と友人たちは、だいたい夕方からBBQを始めて、たらふく食べて飲んだ後は、暗くなったら庭の片隅でキャンプファイヤーをして盛り上がったり、遊び疲れたら隣家との境にあるフェンスにスクリーンを張って、庭に寝転がって野外映画を楽しんでいます。

いろんな楽しい思い出が残るし、肩の凝らないBBQパーティは毎年の恒例行事になっています。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする