富士山弾丸ツアーはやめましょう!

山梨県在住 40代です。富士山は3回ほど登っています。

1回目は、学生時代このときは男女10人ぐらいで行きました。7月ごろで、だいたい午前10時ごろに5合目につき登りだし、8合目に夕方ついて仮眠をとって、AM12:00ごろ、山小屋を出てご来光を拝んでかえってくるというかたちでした。女性も一緒だったんで、ゆっくり歩いてという感じでした。天気も良くて、星がとてもきれいだったのを覚えています。

2回目、3回目ですが・・・
これは、社会人になり山梨に住んでからです。たしか8月の金曜日に、20時ごろ仕事が終わり、車で友達と富士山5合目に移動。そして、一気に富士山頂上を目指してのぼりご来光を拝んで帰ってくるというながれです。若いからできたのかなあ・・と今でも思っています。下りは、眠くて富士山特有の砂利に足がとらえられて、帰りの車の運転も、眠かったのを覚えています・・これはあまりお勧めできないものです。

富士山については、数年前に世界遺産に登録されてからは外国人もさらにおおくなり、人のおしりばかりをおってるかんじで・・・・・自分のペースで登れなくなっている感じがします。

ほかの山よりは富士山は登りやすく、かなりの軽装備で登っている方も多くいます。でも、天候がかわりやすいし、頂上は寒いので夏でも真冬の服は準備しておく必要があります。あとは、飲み物、パンやおにぎり、チョコレートなどは準備していきましょう。頂上でも買えますが、かなりの高額で購入することとなります。

富士山については、気を付けなくてはいけないことが2点あると思います。

日本一の高さをほこるわけですから、高山病つまり酸素が薄いことになれることが必要です。その意味でもやはりゆっくり登って、山小屋を利用するなどした方が体には良いと思います。

もう一つは、下りです・・下山は砂利道をひたすら降りるかんじです。ずっと走っておりるのであればいいのですが、一般の人は歩いておりますので足が痛くなって、また、足首に激痛がはしることもあります。しっかりした滑らない山靴をはくなど対応が必要です。

以上だらだらと書きましたが、自分のペースで十分な装備をして登れば危険ではない山だと思います。また、すばらしい空、星、ご来光をみて楽しんでみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする