初めての一人暮らし | 部屋探しは夜もチェック

25歳の時、初めて一人暮らしをした。

仕事を静岡の町中でしていたため、やはり通勤が近い方がいいのでなるべく近くがいいと思い、賃貸情報誌を読みまくり、駅近辺の不動産屋さんを2~3件周り探すこと1か月。駅から徒歩15分、家賃も6万ぐらいで風呂、トイレ別、コンビニ徒歩50歩ぐらいの最高の物件を見つけたので即、不動産屋さんに電話をして仮払いという手を使って、物件を押さえる事が出来ました。

余談ですけど、物件を探す際、よく言われるのが給料の3分の1以内がいいと言われていますので無理をしない方がいいと思います。

仮払いをしてから不動産屋さんと物件を見に行きました。部屋を借りる際にまず住む前の現状を不動産屋さんと確認することです。傷がついてないか、窓やドアをを全部開けてみたり、状態を担当さんと確認して写真を撮ったりして証拠を残すという作業を絶対したほうがいいです。

たぶん昼間に部屋を見に行くと思われますがそこの場ですぐ契約をしてはダメです。昼間は昼間の顔があり夜は夜の顔があるので夜も見にいって治安の問題や喧騒具合を確認しに行った方がいいですね。自分はそれを怠った為、夜がうるさくて眠りにくかったですのでやはり長く住む気でしたら確認は慎重すぎるぐらいがいいですよ。

その後、契約という感じになりますが同じ物件でも不動産屋さんが何件か入っている場合がありますので、違う不動産屋さんにも一回確認した方がいいです。もしかしたら礼金がこっちはあるけど、こっちの不動産屋はないという場合もありますので確認しておいて損はないと思います。のちのち嫌な思いをするのは自分ですので契約する前はこのぐらい気を付けて確認しましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする