女性3人で富士山初登山

以前から富士山に登りたいと漠然的に考えていた私は、会社の先輩と後輩を誘ってみました。女性3人で登山、しかも3人とも初心者だったので、何から始めたらいいのか分かりませんでした。

まずは登山靴を購入(登山用品は、全てモンベルさんで購入しました)大阪に住んでいる私達は、六甲山で練習を重ねました。全く体力と持久力がない事に改めて気付き、会社帰りも自宅まで2駅ほど歩くなど、普段できる体力作りを心がけました。

ツアーでお世話になったのが、近畿日本ツーリストです。1泊2日だと不安だったので、初心者向けの2泊3日コースを申し込みました。8月登山とはいえ、山頂はかなり冷えるとの事だったので、下着と脱ぎ着しやすいシャツを購入しました。また、標高が高くなると雨が降った場合は下から打ち付けられると聞いていたので、パーカーつきの上下分かれたレインコートと、リュック用のレインカバーも用意しました。その他、ヘッドライトと高山病対策で、酸素スプレーも購入しました。

いざ出発当日、しっかり睡眠をとったせいか、足取りも重くは感じませんでした。1日目の山小屋では、かなり狭いスペースに寝袋で就寝でしたので、隣が男性でもくっついて寝ないといけませんでした。食事はもっぱらカレーかラーメンです。

途中の休憩時、私達ならエレルギー補給でチョコレートなどを食べますが、登山に慣れた方でしょうかマクドナルドを買ってきているご夫婦がいました。もちろんゴミは持ち帰るので大丈夫なのですが、疲れてお腹が空いていたので、とても美味しそうに見えました。あまりゴミが出ないのであれば、自分の好きな食べ物を持っていくのもいいかもしれません。

2日目の夜、山小屋で同じツアーに参加していた家族で、高校生の女の子が高山病になってしまいました。夜中ずっと嘔吐を繰り返し、お父さんが寝ずに洗面器を持って背中をさすってあげていました。その女の子は、普段から寝不足で、今回もあまり睡眠を取らずに参加していたようです。睡眠不足は、登山の大敵だと言えます。

お水をたくさんリュックに入れていたせいか、下山すると両方の肩に内出血の跡がありました。少し重いですが、お水は多めに持っておいた方が安心感があります。山小屋などで購入すると、かなり高額ですのでショックを受けます。

ご来光も見え、ツアーの人々とも協力しながらの富士登山は、一生の思い出です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする