潮干狩り | 都会で気軽に、横浜・海の公園

友人複数と横浜市金沢区にある海の公園に潮干狩りに行きました。都会なのにこんなに本格的に潮干狩りが楽しめるのは意外でした。しかも人工的ではなく、自然発生したあさりだそうで、楽しく、しかもサクッと来れるので満足度が高かったです。

海の公園は近くに大きな公園もあるので、家族連れの方が多いです。行ったのは4月の下旬でした。休みの日だったので混みそうと思い午前中に行ったのですが、予想以上に他の方も早く来ていて、駐車場はすでに混んでいました。ギリギリスムーズに入れましたが、これが5月くらいならきっと駐車するので待たなくてはならず大変だと思います。電車の駅も歩いて利用できるほど近いので、シーズンには車よりも電車が無難だと思いました。

会場は安心の浅瀬の海岸なので、人が多くても貝を探す場所がないということはありません。10分くらい探せば1つは出てきました。しかも、プリッとした大きさになっているものが多く、初心者でも楽しく貝探しができます。都会だしあまりとれないだろうと思っていましたが、良いポイントを見つけると何個もまとまって出てくるので、両手いっぱいの取れ高でした。

この海岸では大きな器具を使うのは禁止ですので、おもちゃ程度の安い器具の方がむしろ適しています。レンタルはしていないので、自分でホームセンターなどで用意してくる必要があります。バケツ、クマデ、あとは水分が漏れないようにビニール袋などがあれば問題ありません。売店もあったのですが、本当に小さなお店なので自分のものは自分で持ってくるが基本です。時間制限はなく、料金もかかりません。ただ、駐車場の利用料金はかかります。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする