5年ぶりの富士山登頂

東京都在住、30代女性です。今から10年程前に2年連続で富士山に登りました。その時は会社の同僚に誘われて、皆で登りました。2年連続で登ったのですが、それ以降夏休みの長期休暇があまり取れなくなり、富士山の話も出ずにそのままになっていました。

それから5年程経った2011年、妹と富士山について話す機会があり、妹も学生の時に登ったきり登ってないとの事でしたので、今年は一緒に行こう!という事になりました。それぞれ友達も誘って、合計4名で行く事になりました。

私は登山自体が本当に久しぶりで、しかも富士山に登るので少し体力をつけようと会社までの往復歩いたりしていました。でも久しぶりの富士山にやはり緊張もしていました。登山用品なども5年前に使ったきり全然使っていなかったので、大丈夫かなと思って買ったお店の方に聞いたところ、ゴアテックスは5年は大丈夫との事でしたので、そのまま行く事にしました。初めに揃えた時はかなりの出費でしたが、まだ使えるので買い換える必要がなく良かったと思いました。

当日はいつものように新宿からバスで吉田口まで行き、そこで暫く体を慣らしてから登り始めました。吉田口で既に5合目なのでかなり標高は高く、直ぐに登ると高山病のリスクが高まります。お昼過ぎから登り始めて夕方には8合目に到着しました。登り始めはお天気も良かったのですが、山のお天気は変わりやすく、途中から雨と風が強くなりました。上下のゴアテックスのレインウェアーを着て、ザックにはザックカバー、手袋、防寒着を着て登りましたが山小屋に着くまで雨は止みませんでした。

今回はかなり降られました。その際、とても助かった物が幾つかあります。まずザックカバーをしていてもザックの中に水が入ってしまう事もあるので、中の荷物はなるべく全てジップロックなどの防水袋に入れると良いです。着替えなどが濡れてしまうと大変ですので。また、雨が強い時はウェアーのフードを被っても顔が雨で濡れてしまうので、フードの中にキャップを被るようにすると、ツバがあるので水が顔にかかりません。

また、雨が降ってきたら外でレインウェアーのズボンを履かなくてはいけないのですがいちいち靴を脱いでいられません。靴を履いたままズボンを履くとズボンが汚れてしまうので、靴に被せるビニール袋があるとズボンも汚れずに済みます。今回はその知恵が活かされて良かったです。

その後無事に頂上まで登り、御来光を見て帰ってきました。凄く疲れてしまって、次の日はもう動けないのですが、何故かまた登りたくなってしまいます。幾つになっても富士山にはチャレンジしたいと思っています。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする