職場の同僚4人で富士登山

東京都在住、40代女性です。

初めて富士山に登ったのは10年前の2006年8月中旬でした。職場の同僚に誘われて女4人で行くことにしました。富士登山に興味はあったものの実現することがなく今まで来てしまったので、ちょうど良い機会だと思って参加することにしました。

山登り自体はほとんど経験がなく必要なアイテムも持っていなかったので、ザックや防水ウエア―や靴など一から揃えたので10万円近くかかってしまったと思います。トレーニングも全くしたことがなかったので、1か月前から職場まで歩いていくというウォーキングを自分なりにしていました。

当日はお天気も良く快晴でした。新宿からバスで吉田口まで行ってくれるツアーに申込みました。吉田口は登山者で混雑していましたが、20人ぐらいのグループで一緒に登っていくので団体で動いていましたのではぐれることなく安心でした。

靴は何度か履いていたのですが、それ以外は初めて使うものなのであまり慣れていませんでした。事前にどこか他の山にも登って慣らしておけば良かったと思いました。

一日目は8合目まで登りました。お昼過ぎから登って5時頃山小屋に到着したと思います。山小屋でカレーを食べて各自休みました。ここで仮眠をとるのですが、山では水が貴重なため水道はありませんでした。歯磨きは出来なかったので友人が貸してくれたマウスウォッシュがとても助かりました。

仮眠の後夜中1時頃出発して頂上を目指しました。とても寒い上に真っ暗なので、ヘッドランプは必要です。途中岩場もあり手を使って登る所も多いので軍手もあって良かったです。

早朝5時頃頂上に着きました。そこでご来光も見れました。本当に綺麗で登って良かったと心から思いました。体が冷えきっていたのですが、ご来光の光を浴びると体が暖かくなってきてポカポカしました。達成感でいっぱいだったのですが、下山が本当に辛かったです。日差しがどんどんきつくなってくる中、何も遮るものがないので直射日光が痛いです。サングラスも必需品です。体もヘトヘトなので足が重く膝ががくがくしました。

下山道は砂利道なので油断していると滑ってしまって転びそうに何度もなりました。やはり体力をつけておくことはとても大切だと痛感しました。

富士山はやっぱり一生に一度は登ってみた方がいいと思います。でも準備にお金もかかるので一回きりになってしまうと勿体ないなと思いますので、登山にたくさんチャレンジしようと思っている方にはお勧めです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする