富士山登山には小銭が必須!

いまから3年前の夏の時期に知り合いと二人で富士山に登りました。富士山へは吉田口というところから登りました。僕も知り合いも山登りが趣味というわけではなく、ただ単に頂上まで登って日本最高峰からの景色が見れたらいいな。と、軽い気持ちでした。吉田ルートは5合目までは舗装された道があったのでそこまではバスで行き、そこからスタートしました。

ふたりとも体力が有り余っていたので他の登山客よりかはハイペースで登っていたかと思います。そのときは天候にも恵まれていて雨はもちろん風もそんなに吹いてなかったのですいすい進みました。なんの問題もなく山頂に登り、普通に同じ道をたどって下山しました。

富士山はツアーの人たちや海外から来られている方が大勢います。僕が登ったときも例外ではなくて特に山頂に近づくとより多くの人で混雑していました。本当は山頂でコーヒー一杯でも淹れたいな。と思い携帯ガスコンロとガス缶を持って行ってたのですがそれらを使う場所は人が多かったためなかったです。

富士山登山は気温は低いですがわりと汗をかくので着替えのシャツとかはあったほうがいいかもしれません。あと、寒さ対策のウィンドブレーカーや雨対策の雨具は必須でしょう。それと悪路が多いのでしっかりとした登山靴も必要です。

登山ではトイレはところどころ点在しますが有料で山頂へ近づけば近づくほど値段も上がります。もちろんお札を使っても帰ってくることはないので小銭を多く持っていった方がいいかもしれません。もしくは携帯トイレを持参するのもいいかと思います。

あとはチョコレート等の軽食もあったほうがいいです。富士山には山小屋がいくつかあり、おにぎりやみそ汁、カップ麺を購入することができますがめちゃくちゃ高いです。おにぎり程度ならコンビニかどこかで適当に調達したものを持っていったほうがいいですね。あと水分補給も大事なので水分も多めに、重くならない程度に持っていくのがいいかと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする