軽~い気持ちで受けた直腸診、ところが…

神奈川県在住、40代女性です。40歳になる年のこと、会社の健康診断に申し込む時、節目年齢なので直腸診が無料だか割安だか(すみません、忘れてしまいました)で受けられると言われ、それならばモノは試しに、くらいの気持ちで検査項目に加えてもいらいました。私は昔からお腹を壊しやすく、便秘の経験はありませんが軟便は月の半分以上という日々絵を送っていましたので、なんとなく受けておくのもいいかなと思ったのです。

健診当日、担当医が今井翼似のイケメンであることに軽いショックを感じつつ診察台にあがると、途中からイケメン医師の声が曇り始めました。「うーん、はっきりとは言えないんですが、何か触れますねぇ…」指が届くか届かないかぎりぎりの辺りに、微かに触れる違和感があるのだそうです。40代になると腸にポリープの1つや2つあるのは珍しくないが、どういう性格のポリープかは触診だけではわからないので、出来ればちゃんと検査をと勧められ、その場で大腸カメラを予約、一週間後に再検査を受けることになりました。

ドキドキもやもやの一週間を過ごし、いよいよ検査の日です。前日丸一日普通の食事ではなく検査食を食し、指示に従って寝る前にラキソベロン液(液状の下剤)を服用した私は、病院に着く前に既にお腹が緩くなっていました。さらに追い打ちをかけるように、検査前にこれ全部飲んでねと渡された2リットルのニフレック(大腸洗浄液)はお世辞にも美味しいとは言えない苦くて酸っぱい味でした。うえ~、まずいと言いつつ必死で飲み、飲んではトイレへ行くことを何度繰り返したでしょうか。この時ばかりは下痢体質が幸いしたのか、1.2リットルほど飲んだところでOKが出たのはラッキーでした。

検査着と紙パンツに着換えて処置室に入ります。ついに内視鏡挿入です。一旦最深部まで入れて戻りながら詳しく診ていくとのことで、横行結腸に入るところの急カーブを通過する痛みは結構なものでした。モニターに映る画像を見ながらドクターがゆっくり内視鏡を動かしていきます。「あ、ここですね~」S字結腸の入り口あたりだそうです。「まだ小さいんですが、ちょっと嫌な顔なんですよね~」ポコッと飛び出しているポリープよりも、目立ちにくい扁平なポリープが質が悪いことが多く、私のは後者のごく初期のものに見えるとのことです。現時点で癌ということはおそらく無いけれど、将来悪性化する可能性のあるポリープである可能性は否定できないときうことで、そのまま内視鏡で摘出し、組織検査に回すことになりました。患部に生理食塩水を注入し、細い針金の輪っかのようなもので切り取ります。痛みもなく、一瞬でした。

結果、ポリープは「線種」という種類のものでした。やはり、今は良性ですが悪性化することもあり得るのだそうです。1つ出来ていたということはポリープが出来やすい体質の可能性もあるので、定期的に検査を受けたほうがいいと言われました。が、特に何の症状も無いので、結局何年も受けていません。とはいえ、そろそろ一度くらい受けたほうがいいのかなぁと思ってもいる今日この頃です。

スポンサーリンク