胃部検査で異常発覚。初めての胃カメラ検査

兵庫県に住んでいる38歳、女性、専業主婦で、主人の会社の健康保険組合の配偶者健康診断を毎年受けています。三年前に初めて健康診断に行き、生まれて初めてバリウムを飲んで胃部検査をしてもらいました。その時は異常なかったのですが、私にとっては辛い検査で次の年は胃部検査はキャンセルしてもらいました。

そして今年の健康診断、主人の説得もあり胃部検査を受けてみると、影が見えるから提携病院での胃カメラによる再検査をしてくださいと言われました。

自覚症状は全くなかったのに、突然胃が痛くなってきた気がして急いで胃カメラの予約をいれました。前日は夜9時以降の飲食は禁止されているので早めにご飯を済ませドキドキしながら布団に入りました。

当日病院に着くと受付を終えてから部屋に呼ばれ消泡薬を飲み込み、しばらくたったらスプレーで喉の麻酔。その後さらに鎮静薬を注射してもらいました。その都度説明はして下さるものの、初めての事ばかりで少しパニックになっていました。

最後にもう一度喉の麻酔を行い、いよいよ胃カメラ検査。麻酔をしてあるとはいえ喉を通る違和感に耐えながら診てもらいました。ポリープが見つかったと報告を受け、最悪な状況ばかりを想像してビビりまくる私に先生が丁寧に説明してくださいました。

胃底腺ポリープという良性のポリープで問題はないとのことでホッと一安心。ポリープなんて聞くと悪いものだと思ってしまいますそんなポリープもあるんだと初めて知りました。

一緒にしてもらったピロリ菌の検査結果も問題は無く、胃自体は健康なようです。ただストレスなどで胃の働きが悪くなることはよくあるらしいので、今後も気を付けていきましょうと言っていただいて私の初めての胃カメラ体験は終わりました。

健康診断で再検査になってから胃カメラ検査をするまで、悪いことばかり考えてしまってそれがストレスになってしまってた気がします。今回は何事もなく良かったですが、もし問題があった時の為にも健康診断を続けていくのは大切だなと感じました。

スポンサーリンク