ピロリ菌除菌の副作用

ピロリ菌を除菌する際、副作用が発症する場合があります。投薬期間中に現れる主な症状は以下です。

  • 発熱
  • かゆみや発疹などのアレルギー反応
  • 腹痛を伴う下痢
  • 軟便
  • 食べ物に金属のような味を感じる味覚異常

また、肝機能の検査値が上昇する場合もあります。

これらの副作用は腸内の細菌バランスが崩れるために起こると考えられており、いずれも一時的なものであることが多いです。しかし、適切な対処を怠ると症状が悪化する危険性も高まります。

発熱や腹痛を伴う下痢、かゆみや発疹があらわれた場合は、服用中の薬の使用を中止してください。その後、かかりつけの医師へ相談してください。

軟便や味覚異常の場合は、服用中の薬を中止する必要はありません。投薬された分量を最後まで服用してください。ただし、副作用のさらなる悪化がみられるようならば、すぐにかかりつけの医師へ相談してください。

そして、投薬期間終了後、つまり除菌成功後に発症する副作用もあります。十二指腸液や胃液が、食道へ逆流して炎症を引き起こす逆流性食道炎です。これは、ピロリ菌の除菌によって、それまで低下していた胃液の分泌力が、正常な値に戻るために起こる一時的なものです。胃液の分泌を抑制する薬が必要な場合もありますが、ほとんどは軽微な症状であり、特段の心配は不要です。

スポンサーリンク