ピロリ菌除去の薬を服用後、再検査をしなかったばかりに‥

大阪府に住む29歳専業主婦です。

若い頃から胃痛持ちでした。23歳の頃、仕事中のストレスで日に日に胃痛が酷くなってきました。はじめは市販の胃薬で痛みも治まっていましたが、日に日に薬も効かなくなり、胃痛だけでなく背中にまで痛みが現れました。

ある日、社員旅行先で背中の痛みに倒れ、病院で痛み止の点滴だけしてもらいました。社員旅行から戻ってから消化器内科を受診しましたが、初診だと薬を出されるだけでした。処方された薬で痛みも治まっていたのですが、しばらくするとまた痛みだしたので胃カメラの検査をする事に。

胃カメラは家の近くにある総合病院でしました。検査結果は〝十二指腸潰瘍〟でした。先生から「何度か十二指腸潰瘍になって治った跡があります。ピロリ菌がいるから、これを除去しないと癌になる事もあります。」と言われました。その日は薬を出してもらい、一週間後に再検査と言われました。胃カメラの検査をしたせいか費用は割高で保険を使っても1万円以上支払いました。

一週間薬を飲み続けて痛みは治まりました。再検査も胃カメラだと思っていた私は、痛みが治まったので病院には行きませんでした。

それから数年が経ち、出産後(28歳)の事です。育児のストレスからか、また胃が痛みだしました。数ヵ月は我慢しましたが、どうしても我慢が出来ない痛さだったので以前胃カメラの検査をした総合病院に行きました。

先生から「多分また十二指腸潰瘍でしょうね。ピロリ菌の検査をしましょう。胃カメラじゃなくて息を吹くだけの簡単な検査だから」と言われ、検査をしました。

はじめに袋に息を吹きます。その後、お薬を飲み、30分後に再度息を袋に吹きます。たったそれだけの検査で驚きました。

検査結果でピロリ菌が見つかり、一週間分お薬を頂きました。お薬服用中はアルコール禁止なので辛かったです。

一週間後に再検査しました。まだピロリ菌が残っていたので、もう一週間、次は別の薬を処方されました。ここからまた一週間アルコール禁止です。

次こそはピロリ菌がいなくなっている事を願っていました。

さすがに今度はピロリ菌が無くなっていました。

息を袋に吹く検査は尿素呼気試験と言うそうで、検査費用も胃カメラ程高くなく保険適用で5000円以内だったと思います。

はじめて胃カメラの検査をした時から5年程かかってようやく除菌出来ました。一度目に、きちんと再検査をしていればこんなに長い期間胃痛に悩む事がなかったと思います。ピロリ菌は若くても持っている事があります。子供でも感染する事があるそうです。尿素呼気検査だけだととても簡単です。他人事とは思わずに酷くならない間に一度検査される事をおすすめします。

スポンサーリンク