貧血と胃痛がきっかけで保険適用のピロリ菌検査を受ける

兵庫県神戸市西区に住む20代後半の女性です。ピロリ菌の検査をしたきっかけは、胃が痛くて食欲が無かったり吐いたりする事が多く医師から「十二指腸潰瘍」か「胃潰瘍」を疑われていたからです。ピロリ菌の検査を受けたのは22歳の時で、21歳の時に細菌感染性の胃腸炎にかかりその際に受けた血液検査の結果が悪かった事が事の発端です。

21歳の時の血液検査がどう悪かったのかと言うと、「下痢と高熱で脱水症状になっているにも関わらずヘモグロビンが10程度の貧血」で脱水症状の時は血液が濃縮されるのでヘモグロビンは上がっているはずなのにこの値で、普段はもっとひどい貧血で、その貧血の裏には「出血を伴う重大な疾患があるのでは?」と疑惑を持たれていました。しかし、その時はお金が無かったので、それ以上の詳しい検査を行わず放置していました。

しかし、半年程経った夏頃から食欲が無くなり胃が痛くなる事も多かったため、病院へ行くと「前に貧血だったのでもっと詳しい血液検査(ピロリ菌検査も含めた)や内視鏡で胃や十二指腸の内部を見てみましょう」と言われました。内視鏡は怖かったので拒否しましたが、ピロリ菌検査と貧血の詳しい検査は受ける事になりました。検査を受けた病院は、血液検査の機材の無い診療所が少し大きくなったような小病院で、機材が無いため1週間後に結果を聞く事になりました。

検査の結果は、「ピロリ菌が陰性だったのでピロリ菌除菌をする必要が無い」との事だったので安心しました。もしピロリ菌陽性なら、しばらく薬を飲んで通院する事になるので陰性で良かったです。医師の説明によると、ピロリ菌が胃の中に居ると胃・十二指腸潰瘍になっている確率が高く、もっと詳しい検査が必要になっていたそうで、拒否した内視鏡検査を受ける事になっていました。

診察・貧血の検査・ピロリ菌検査の費用の合計は薬代等も含めて保険適応で5000~10000円以内だったと思います。ピロリ菌検査は症状が無い場合は保険適応にならないそうですが、私のように「胃が痛い」「吐く」と言ったように何かしらの症状があり医師が必要とした場合は保険が適応になります。

私の場合は貧血と胃痛のような些細な症状がきっかけになって、本来なら保険適応では無いピロリ菌検査を安価な金額で受ける事ができました。ピロリ菌検査を安価で受けるには、「何か気になる症状」を医師に伝えて「ピロリ菌検査を希望している」と言うと場合によっては必要性が認められ、保険適用でピロリ菌検査を受ける事ができるでしょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする