ピロリ菌除菌後は胃がとても丈夫になりました

私はピロリ菌を除菌した40代の女性です。

子供のことでストレスを溜めてしまった結果、胃炎を患い、近所の病院で胃カメラの検査をするついでに、ピロリ菌の検査も受けました。胃炎で胃カメラと一緒にピロリ菌検査を受けると、保険適用になるそうです。

検査方法は、口から胃カメラを入れての検査でした。とにかく苦しくて、早く終わってほしいとの思いから、どの様にしてピロリ菌の検査をしたかは覚えていません。胃カメラの結果は、軽い胃炎でしたが、ピロリ菌検査の結果は陽性でした。

ピロリ菌の除菌方法は、薬の服用だけです。「ランサップ800」という錠剤の飲み薬で、1日2回、朝と夕食後に服用しました。医者からは、「この薬は強いので良い菌までダメにしてしまい、服用期間は下痢をします」「腹痛がひどい場合や、血便が出たら中止してください」「少数の方に逆流性食道炎が報告されている」と言われる程でした。そう言われてしまったら、恐ろしくなり、薬の服用をはじめたいのは、子供が冬休みに入った25年12月27日から1月3日までの期間でした。

私の場合は、下痢だけで済みました。しかし、服用後3日目からずっと下痢が続き、とても辛かったのを今でも覚えています。買い物に行く時ですら、すぐにお腹が痛くなる程でしたので、少しの外出も辛かったです。薬の服用期間は、ヨーグルト「LG21」も一緒に食べていました。薬の服用期間にヨーグルト「LG21」を一緒に食べると除菌率があがるという内容のテレビ番組を、たまたま観て覚えていたからです。1日3個食べていました。

どうにか服用する全ての薬を飲みきり、その後、病院に行き、除菌が出来たかを調べる検査をしました。検査方法は、「尿素呼気試験」です。2014年1月15日、嬉しいことに「陰性」の結果でした。

再感染の可能性について、医師に確認したところ、「海外で井戸水などを飲まなければ大丈夫」だと言われたのを覚えています。

私は、ピロリ菌を除菌してから、胃がとても丈夫になりました。それまでの私は、寝不足や、ストレスを溜めこむとすぐに胃痛があったのですが、除菌後は、それが全く無くなり、胃薬を買うことも無くなりました。

これを読んでくださっている方で、ピロリ菌の検査を考えている場合は、是非おすすめです。私は検査も薬の服用も辛かったのですが、その結果、ピロリ菌除菌が出来、今では体調が良いからです。ピロリ菌は癌の原因とも言われているそうなので、胃の調子が良くない方は、一度検査を受けてみるといいと思います。

スポンサーリンク