健康診断で胃に影があると診断して再検査

40歳で新しい部署を任され、試行錯誤で仕事の組み立てや新人教育に明け暮れていた時期の事です。なかなか思うような成果が上がらず、胃の痛い日々を暮していました。胃が痛いのは初めてではなく軽い胃潰瘍だろうと市販の胃薬で済ましていました。42歳になって、会社の健康診断を受けた時の事です。しばらくして結果が出たという事で、資料を見ると再検査。指定医院に行きバリュウムを飲み、レントゲン検査を受けました。健康診断の時よりもいろいろな角度を指定され枚数も多かったと思います。

何日か経って医者から連絡があり結果の説明があるといわれました。ちょっと不安を抱えながら病院に向かいました。決して気持ちの良いものではありません。年配の医師が真面目な顔でレントゲン写真を示して、胃の真ん中あたりに大きな影があると言っていました。胃潰瘍で小さな影ができることはあるが、ちょっと大きいので心配なので最寄りの病院で精密検査を受けてくださいと指示されました。一瞬頭が真っ白になりました。健康には自信があったのですが、精密検査は初めての事なので不安は募るばかりです。

自宅の近くに胃カメラを得意とする医院があると聞き、そこへも申し込みを行いました。1日休みを取り、さいたま市の自宅の近くの医院に向かいました。ますます胃が痛くなるような気がしました。その日のうちに1回目の胃カメラを飲むことになりました。麻酔薬で喉を麻痺させ胃カメラを飲み込みましたが、初めての経験で苦しくて、何度も吐き出しそうになりました。なんとか患部にカメラが到達し、患部を見ていた医師は胃潰瘍が長引き、その傷が治りかけたとき大きなポリープになったようだ。ポリープは2つあるので次回、その組織を切り取って検査して良性、悪性を検査するという事になりました。

夏だったのでお盆休みを挟んで3週間後に再度胃カメラを飲んで、そのままワイヤーを出して切り取ることになりました。不安な3週間を過ごしたので、早く白黒はっきりさせてほしいというのが本音でした。無事検体を取り出して結果は良性でした。本当にほっとしましたが悪性だったら早期発見が出来た健康診断は本当に大事だと痛感しました。

スポンサーリンク