乳がん検診で要精密検査。専門医で検査して安心できました

36歳の女性です。4年ほど前に乳がん検診を受けたところ要精密検査という結果が出ました。30代になったし乳がん検診も受けた方がいいかなという軽い気持ちで受けた検診だったので、その結果を見たときは驚きと恐怖でかなり不安になりました。

その後、ネットなどで情報を調べ、銀座にある有名な病院にまず行きました。そこでは触診と超音波エコー検査をしてもらいましたがやはり疑わしいものがあるということでした。そこで針を刺して細胞を吸引し、顕微鏡で観察する検査(細胞診)を行うことになりました。しかしその病院は人気のため細胞診の予約が取れたのが約一か月後の日付でした。

その検査はそれなりの痛みを伴うし、しかも12月だったのでこのままだと不安なままで年を越さなければならない、どうしようと悩みました。そこでもう一度ネットで病院探しをし、新宿にある専門の病院を見つけました。その医院を選んだポイントは、先生だけでなく超音波の技師の方もちゃんとした資格を持っていること、超音波の結果によってほかの検査が必要とあればその日のうちにやるべき検査を行ってくれること、です。

私の場合は超音波エコーの検査で乳腺線維腺腫という診断結果が出ました。画像を見せてもらいながらちゃんとした説明を受けて間違いなく乳がんではなく乳腺線維腺腫だということでした。実はひとつ前に行った病院で細胞診をすることになっているという話もしましたが、その必要はないと断言しただきました。大きさによっては手術の必要もあるものではあるけれど私の場合はそこまで大きくなかったのでこのまま様子を見るということになりました。また、この乳腺線維腺腫がそのうち変化して乳がんになる可能性がゼロではないため定期的な検診は必要だということでした。その後は1年に一回検診を受けていますが問題ありません。

乳がん検診を受けて要精密検査になると本当に不安になります。でも今回のことで検診を受ける際にも病院はちゃんと選ぶべきなんだということが分かりました。誰でも不必要に不安な時を過ごしたくはないですし、無駄に痛い思いをして検査をするのも嫌だと思います。そういったことを考えると乳がん検診は乳腺専門医のいる病院で受けることをおすすめします。

スポンサーリンク