健康診断で便潜血反応検査、大腸内視鏡検査では問題なく一安心

福岡県在住、43歳の主婦です。主人の会社が配偶者の私の健康診断も手配をしてくれるので、毎年受けています。

5年前の便潜血反応検査で陽性が出て再検査に引っ掛かりました。元々切れ痔持ちで大学生の頃に手術をしたのですが、調子が悪いと少し切れたりするので、どうせ痔の出血が原因だろうと思いつつも、この際だからしっかり検査を受けてみることにしました。

自宅近くの消化器科も診てくれる内科の個人病院で受けた検査方法は、大腸内視鏡による検査でした。先生には健康診断のその他の数値も特に問題ないし、受けても受けなくても恐らく大丈夫だろうとは言われていたのですが、まだ子供も小さかったし、何事も早期発見が大事です。念のために検査してもらうことにしました。

もちろん検査と言ってもそんなに大掛かりなものではなく、付き添いももちろん不要で、ほんの数時間で終わる日帰り検査ですが、やはりもし何か見つかったら…とその日は朝からそわそわし通しでした。あまりにドキドキしすぎて、事前の血圧を測った時もかなり高めだったので、「緊張しすぎて高いだけで、普段の血圧はもっと低いです…」と看護士さんに弁解するほどでした。

内視鏡のモニターは私にも見えるように設置されていたので、ドキドキしながら事細かに説明してくれる先生と一緒に画面を見ていました。ポリープなどがあれば検査する目的と治療もかねてその場で切除すると言われていたので、もう40代に近いし、ポリープの1個や2個はあるかもと思っていましたが、実際は綺麗なものでした。

結果、怪しい個所はなく、やはり切れ痔による出血が検査に引っ掛かったのだろうという結論になりました。

検査前に痛み止めの注射をするので、検査器具を入れる圧迫感と気持ち悪さはありますが、痛みなどはありません。検査終了後はしばらく病院で安静にしてから帰宅するのですが、検査の時に腸に入れたガスが抜けるまでがちょっと気持ち悪かったです。

先生の見立て通り、検査をする必要もなかったのかもしれませんが、何はともあれ、何も異常がなくてほっとしました。「もしかしたら、何か異常が隠れてるかもしれない…」と不安を抱え続けるより、精神的にも良かったと思います。

スポンサーリンク