健康診断で便潜血が見つかり、大腸内視鏡検査を受けました

私の会社では毎年健康診断をしてくれます。山口県にある健診センターで行われます。現在40代女性です。この年になるとそろそろ健康診断が怖くてたまりません。最近は、テレビに出る芸能人の方も癌を患われる方が多く、いつ、自分も癌になるかと思うと怖くてたまりません。食事や日々の生活においても気をつけなければいけないと考えていました。

そう思ってる矢先、健康診断で要精密検査の診断結果が来たのです。便潜血の検査が陽性だったのです。2日分の便をとって血便が出ているかどうか調べるのですが、2日間のうちの1日に血液が混ざっていたと言うことです。自分が、要精密検査の結果が来るとは思ってもいなかったのでなんとも言えない気持ちでした。目の前が真っ暗になり、仕事も全く手につきません。とても、怖い気持ちで一杯になりました。もし、これで癌が見つかったらと思うと、恐怖でした。自分で、インターネットで調べては、悪い病気ばかり探していました。

その数日後、病院へ行き、お医者さんへ健康診断の結果を渡しました。お医者さんと精密検査をする日を決めました。検査内容は、内視鏡検査です。この検査は、前日から食事を検査用の食事に変え、夜から絶食します。検査用のご飯は、そんなにまずくはありません。しかし、量がとても少ないので物足りません。

翌日、病院へ行き、2リットルもの下剤を飲んで、内視鏡を肛門から入れるという検査をしました。この、下剤を飲むのが辛かったです。飲んでも、飲んでも減らないのと、やはり美味しくないということもあり、本当に辛かったです。内視鏡検査は、先生が上手かった事もあるのか、全く苦痛ではありませんでした。テレビに腸の中が映し出されるので、その画面を釘付けでみました。

小さな、びらんが見つかり、色素をとりました。その後、癌細胞があるかどうかの検査に出されました。1週間後に検査結果が出るとのことで、待っている間、毎日を暗く過ごし、悪いことばかり考えました。結果は、陰性だったので一安心でした。
健康に気をつけようと、強く思う出来事でした。