自覚症状がないからこその健康診断

40歳の女性です。5年前に仕事を退職することになり、健康保険証が切り替わってしまう前にいちどはきちんと健康診断を受けておこうと思い総合病院に行きました。

その頃、特に何か自覚症状があったわけではありません。何か持病があって通院をしていたと言うこともなく、毎日元気に仕事をしていました。健康診断の内容は、病院側のいくつかのコースから選び、1番簡単なものにしたので、数時間で終わりました。血液検査とお腹のエコー検査、胸のレントゲン、乳がん検査、等人間ドックに比べて項目も少なかったです。

後日書類で健康診断の検査結果が送られてきましたがそこには要再検査の文字がありました。

何が?まさか?という気持ちで検査結果の書類に目を通しますと、私の右の肺に影が見つかっていました。影の大きさは6ミリ程度と言う事でしたが、とても不安になりました。そしてもう一つ、引っかかっていた検査項目があり、それは血液検査なのですが、がんの腫瘍マーカー検査で基準値の枠から外れていました。肺に見つかった影と、がんの腫瘍マーカー数値が基準値外と言う2つの点から、いろいろなことが想像できるので早急に再検査を受けました。

再検査は胸のCT検査でした。再検査の結果でもやはり影が写りました。お医者さんからは「この影の正体は今回の検査結果だけでは何かを特定することはできないが、今急いで体を傷つけてまで何かを探っていくことは必要ないと思います。でも、必ず定期的に検査をし影が大きくなることがないか、形が変わることがないか、影の濃さが変わることがないか、きちんと調べ続けていくことが必要です。」と言われました。

そして、最初は3ヶ月後、その次は半年後、というように検査を受け続けていました。5年経った今でも、そのまま影はあるものの、状態は変わらず落ち着いています。

血液検査の結果は当初、基準値から外れていましたが、すぐに基準値枠に入りました。この 5年間、検査のみで何事もなく過ごせたのは再検査と出た時から飲み続けている、漢方サプリメントのおかげだと思っています。免疫力を高める事でも有名なメシマコブと言う漢方サプリメントを飲み続けています。このメシマコブを飲むようになってから、風邪ひとつひかなくなり、家族のインフルエンザもうつらないほど免疫力が上がりました。

気になるほどではありませんでしたが、呼吸器系が強くなく咳喘息を少し持っていたのですが、メシマコブを飲むようになってから、全く喘息が出なくなりました。このメシマコブと言う漢方サプリメントは昆布ではありませんキノコです。日本では漢方サプリメントとして販売されていますが、違う国へ行けば医薬品として取り扱われているほど効果の高いものです。免疫力をアップさせたい人にはお勧めできるサプリメントです。

そして健康診断に行っていなかった私が退職をきっかけに健康診断を受けて体の不調に気づきました。特に何も自覚症状がなくても、いえ自覚症状がないからこそ定期的に健康診断や人間ドックを受ける事は必要なことだなと改めて思いました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする