ピロリ菌、一回で除菌できました

私(40代・女・長野県在住)が、「ピロリ菌」をはじめて意識したのは4年前の胃がん検診のときです。胃部X線検査のオプションに「ピロリ菌」という項目があり、ほんの軽い気持ちで検査に追加しました。

検査結果は、胃の状態は良好。しかし、ピロリ菌については、正常範囲を大きく上回る数値でした。要受診の判定です。

そもそもピロリ菌ってなに?

それからいろいろと調べてみてわかったことは、ピロリ菌は胃がんリスクを高めるということでした。しかし、さらに調べると、ピロリ菌を除菌すれば、胃の病気になる確率が大幅に下がること、見つかったら早く除菌するのがよいこともわかりました。

でも、そうは言ってもどんな病院にいけばいいのかわかりません。大きな病院に行ってもいいのか?近くの内科でも対応してもらえるのか?身近に除菌経験者もおらず、漠然とした不安をかかえつつも、このときは受診にはいたりませんでした。

そんな私がピロリ菌の除菌のために病院に行ったのは、それから3年後のことです。長野県に引越したことがきっかけでした。家の近くのクリニックに「内科・胃腸内科」の看板をみかけたのです。ずっと気にはなっていたピロリ菌の存在が頭をよぎりました。胃腸内科なら検査にも除菌にも対応してくれそうです。思いきってクリニックを受診しました。

3年前の胃部X線検査の結果を先生に見てもらったところ、「胃疾患の予防のために除菌した方がよいでしょう」との診断がおりました。

そして除菌にあたっては先生から以下の説明がありました。1週間薬を服用するという方法で除菌すること。1回で除菌できないこともあること。そして、薬を飲み忘れると成功率がさがるだけでなく、ピロリ菌に耐性ができて除菌が難しくなる可能性があることなどです。

私が処方された薬は、武田薬品工業の「ランサップ400」というものです。1シート(1日分)×7が箱に入っている除菌セットです。1シートの中に入っているのは、

ランサップラゾールカプセル×2
クラリスロマイシン×2
アモキシシリンカプセル×6

でした。これを1日2回、朝食後と夕食後に分けて服用しました。

除菌中は3食規則正しく食べることを心がけ、薬を飲み忘れないように細心の注意をはらいました。さらに、除菌効果をあげると言われている、「乳酸菌LG21入りヨーグルト」を毎日食べました。

そして除菌に成功したか否かの判定は、2ヶ月後に便検査で行われました。幸いにして私は一回で除菌に成功することができました。

ピロリ菌の除菌にかかった費用は7950円でした。症状がなかったため保険外診療の金額です。

除菌後は、ときどきあった胃もたれ感がなくなったように感じます。そして何より気持ちがすっきりしました。

ピロリ菌の除菌は薬を飲むだけなのでとても簡単です。ただ薬を忘れずに確実に服用することが重要ですので、イベントや飲み会などがない時期に行なうのがよいかもしれません。早期に除菌することで、胃の病気のリスクをより減らすこともできたので安心です。自覚症状は何もありませんでしたが、検査してよかったと思っています。