人間ドックで異常が見つかり緊急入院

宮城県仙台市在住のサラーリーマンををしている40代の男性です。私は仙台に転勤になり毎年こちらで人間ドッグを受けています。こちらの病院で健康診断を受けている理由は、駅に近く便利という事以外に、景色が良いんです。遠くの山が見えたらして本当に駅前が一望でき、遠くは海が見えます。基本的にせっかちな性格の私は、健康診断などの待たされる事が嫌いで、今までは健康診断などは嫌いだったのですが、こちらでは景色を見ながらのんびり過ごしています。

普段、仕事や、居酒屋に引っかかって遅く帰宅の私も、人間ドックの前だけは早めに帰宅して、おとなしく規定の時間までに食事を済ませます。早めに休んで、翌日の診断に備えます。前日までに記入するものに記入を済ませておきます。当日は、食事・飲み物は一切取らずにそのまま、病院に向かいます。

朝。9時に予約なので8時45分に受付を済ませ、検査着に着替えて、検査開始です。最初は身長・体重などを測り視力・血液検査などを行い、例のように外の景色を楽しみます。診察に呼ばれ、その後、聴力検査などを済ませます。最後はバリューム検査。本当にこの検査だけは毎年嫌になりますね。昔、受けた病院ではゲップが出てしまい、検査している人に怒られた苦い記憶が有ります。バリューム検査後は水分を多く取るようにアドバイスを頂きました。食事はすぐにとって良いですよと言われました。

これで全ての検査を終えて、正午位に会計を済ませます。健保組合の割引などで大体5千円くらいの料金を支払い終了です。

検査結果は郵送で送付されてきます。

私は、人間ドックは去年で5回目なのですが、一昨年の人間ドックで異常が見つかったと連絡がこちらの病院からありまして、早急に再度の検査を受けました。結果、非常に悪いところが見つかり、早急に入院の準備となりました。今までは、人間ドックなんて健康診断の延長だろ?くらいにしか思っていなかった私も心を入れ替え毎年、受診をしています。本当に生命の危険を見つけてくれるのです。検査後の悪い場所も要観察や要再検査などの場合も注意が必要です。

自分の人生は一度しかありません。自分のカラダは自分で守らないとダメなのです。一昨年の入院を経験して、本当に40歳過ぎると色々ガタがきて体を悪くしてしまうのだなぁと心底思いました。現在も定期的に通院をしていますが、現在のところ経過は順調で、ほぼ完治と言って言いと思います。あの時人間ドックを受けてなかったらっと思うとゾッとします。

スポンサーリンク