ピロリ菌除菌中の飲酒

ピロリ菌の除菌中、アルコール(飲酒)は控えましょう。これには2つの理由がありますが、いずれも肝臓に関することです。

まず1点目は、肝臓への負担の問題です。除菌中は抗生剤を、朝と夕方の2回服用します。薬自体、肝臓にある程度の負担を強いますが、その上にアルコールが入ることにより、さらなるダメージを招きます。

そして2点目は、代謝の問題です。アルコールは体内で、アセトアルデヒドという物質に分解されます。これは一般的に二日酔いの原因と見られており、頭痛や頻脈、動悸や悪心などの症状を引き起こす、人体に有害な物質です。ただ、肝臓内にはこれをも分解してくれる、アセトアルデヒド脱水素酵素という有益な酵素があります。ところが、ピロリ菌除菌のための抗生剤は、この酵素の働きを抑制してしまうのです。このため、通常はお酒に強い人であっても、悪酔いは避けられません。

以上2点が除菌中にアルコールを避けるべき理由ですが、2点目に関しては2次除菌に用いるメトロニダゾールが問題であり、1次除菌に用いるクラリスロマイシンはアルコールに作用しません。むしろ、1次除菌の成功率が僅かながら上昇したデータもあります。

とはいえ、1点目の理由である肝臓への負担に関しては変わりません。やはり除菌中のアルコールは素直に控えるべきです。